メタル、音楽、日々のこと。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタル、音楽、日々のこと。(北海道の田舎)

北海道のとある田舎に移り住み、日々の暮らし、好きな音楽、気になっているバンド等から徒然なるままに記しております。どこの田舎か特定されるのか実験中です。

北海道特有のこと? 田舎特有のことと、そうでもないこと。

今年もこんな時季がやってきました。

f:id:rof-pod-ao:20161206010832j:plain
f:id:rof-pod-ao:20161206010925j:plain

今年は気合い入ってるのか初っぱなから中々の雪の量。
12月にアップしてますけど、この写真撮ったのは11月の半ばなんですよね。
それが根雪になるという…(;゜∇゜)


北海道に来て1ヶ月くらいは季節の感覚がずれてるというのに
さらにもう1ヶ月くらい感覚がずれそうでした。


(゜ロ゜)


さて本題に。

久々に記すので、徒然なるままに記してみます。


田舎特有といえば、
人のしがらみが云々で閉鎖的だとか、
有力者が認めないことはじわじわと潰されたりとか、
あるらしいけど、この町ではそんなことは聞かない。

というよりも何かやってるようで、何もやってないような感じ。
税収も半分強が地方交付税みたいだし。
町長選で革新側は負けちゃったし。
言うほど革新でもないように思えたし。

・・・

あ(°▽°)


そんなこんなで新しい風が入ってこないのはあるっぽいけど、
この1年でつき合い始めた人たちとは何だかんだで楽しくやってまーす🎵


実はその人たちはほとんどが町外からの移住者らしい。
Uターンもいるけど、完全にずっと地元にいた人は1人?(2人?)。

割と近くから来たという人もいるし、栃木、東京等の遠方から来ている人もいるみたいだ。


移住者のほうがアクティブなのって他の市町村でもそうなんですかね??

そこも気になるところですが、もっと気になってるのは、
何故こんなにあからさまに寂れたところを選んで移住してきたのか?
であるし、
移住者たちと、そこに関わる人たちは「意外と」楽しそうにしてるように見えること。

2つ目の理由はわかる気がする。

移住する人たちって自分で決断してやって来た人たちだし、そこに関わる人たちはお店やってたり、札幌でバリバリ働いてた人だったり、農業会社を立ち上げた人たちだったりするから、見ている範囲が広いし、自分のことなんかもどうすれば楽しいのか等がよく見えてるんだと思う。
それなりに年配の人たちだから経験もあるんだろうけど。

そして、実行するから次にも進む。


あくまで「意外と」楽しそうなだけなのかもしれない。
町は活気づくわけではない。
逆にずーっと地元にいる人たちが見えてこない。

地域おこしの聖地みたいになってる海士町(島根)に行ってる友人が言うには、
地元や外から入ってきた意識高い人たちと、
元々地元にいる人たちが2つに分かれてるらしい。


それと似てるのかもしれない。


いや、分かれるのは全然構わないけど現実の話しかないのかも。
そこまで言い切らなくても、ビジョンはない。

頑張ってきたことはアピールするけど、
結果、他との差別化にはならない。

他のどこにもないものなんかそうそうないだろうけど、
何もない、なんてことはないはずだから見ていかないとかな。

札幌が割と近い田舎なのに。

若い人(大学生)がちょこちょこ来てるのに。

この町に来てから鹿肉を4回も食べてるのに。
(おふっ、写真撮ってなーい…)

鹿の角も頂いちゃったし。
(これはどうやって使ってくれようか、悩み中。)

個人的にはぶっつぶれてこの町に来たから、何もないのは良かったし。
こんなのもヒントかな??

良くも悪くも都会とは時間の流れ方が違う気もする。
この良い部分は?

時代の最先端を上手く田舎にも組み合わせられないか、というのもある。
(漠然としすぎですね)




関わる人だけ見てたら割とオープンで、田舎っぽさがあまりないのに、町としては下降線な一方。
理由は解ってきた気がする。

格差、格差って言うけど、交流にも格差はありそうだ。
もちろん無理くり交流したって意味はないだろうけど、楽しい交流なら、意義を感じる交流ならありかな??



その辺りで、準備してることがあるので
おいおい記していくかもしれません。

最後までありがとうございます。

Google play music 追加で配信されてるものがあるようです。

タイトルの通りですが、
追加で配信されてるものがあるようです。

EPITAPH Records

言わずと知れたパンク~メロコアのレーベルのバンドが解禁された模様。

Bad Religion
Pennywise
を始め、各種バンドが聴けるようです。


SALU

日本人のゆるめラッパー
前々からないかなーと思ってましたが、
ついに解禁のようです。



解禁されても、期間限定なのか
なくなっているものもあるので
そうならないように願います。


手抜き感満載ですが、たまには更新していきます。

とあるイベントでBGMの選曲をさせてもらいましたのでリストアップ。

とある若者支援のイベントでBGMの選曲をさせてもらったので記してみます。

 

イベント内のマルシェ(軽食や物販の出店~休憩スペース)で流したBGMたちです。

 

 

会場は窓の大きい開放的な屋内スペース。

若者支援のイベントでしたのでゲーム~アニメの曲(ぽいのを含む)も入れてあります。
ゲーム音楽をなめてはいけませんw)

ジャズやボサノバは含まれていませんがアコースティックな曲が多いのでカフェみたいな場所で流すのもありかもしれません。

 


Acoustic Alchemy - Coffee With Manni
 スムース・ジャズ

Aimee Man &Michael Penn - Two of Us
 ポップス

Amy Cook - Waiting for the World
 カントリー?

Andy Mckee - For My Father
 アコースティック・ギター

Anly - This Town
 ポップス

Billy McLaughlin - Fingerdance
 アコースティック・ギター

DEPAPEPE - ハチロク
 アコースティック・ギター

djpretzel - Chrono Trigger "Jethro and Vash at the"
 ゲーム音楽アレンジ(アコースティック)

Don Ross - Klimbim
 アコースティック・ギター

Danny &  Caroline - OMG You're Killing Me
 インディ・ポップ

I am Robot and Proud - The Melt
 エレクトロニカ

Josh Rouse - I Will Live On Islands
 ポップス

Mr.Children - One Two Three
 J-POP

No.9 - I hope (canon no.9 remix)
No.9 - aftergrow (no.9 remix)
 エレクトロニカ

Overground Acoustic Underground - Thabk You
Overground Acoustic Underground - Casa Blanca
 フォーク~トラディショナル

Ryo Lion - 青い猫

 アコースティック・ギター

Sarah McLachlan - Blackbird

 ポップス

Stronoway - Get Low
 インディ・ロック
 
the brilliant green - You & I
 ロック~ポップス

The Hush Sound - We Interwined
 ポップス

Vetiver - More of This (Neighbors RMX)
Vetiver - Wonder Why
 インディ・ロック

宮内優里 - etik
 エレクトロニカ

押尾コータロー - Red Shoes Dance
 アコースティック・ギター

蓮沼執太フィル - YY
 エレクトロニカ


計27曲

宇宙的なポストメタル~ロック - God is an astronaut

God is an astronaut はアイルランドのポストメタル~ロックのバンド。


God Is An Astronaut - Helios Erebus (NEW SONG)

Astronaut が宇宙飛行士を意味する言葉であるところから連想できるかもしれないが、宇宙的な壮大さ、満天の星空な雰囲気を描いているバンドです。

曲の展開をダイナミックにすることで壮大な世界観を創りあげている。

通常のポストロック的なクリアな音からパンクやメタルにも通じるようなアグレッシブな展開までを無駄なく、嫌みなく曲にしているので他のバンドと比べても壮大さが抜きん出ているように思える。

もしクリアな音をもっと聴きたいのであれば
Moonlit sailor , Tides from nebula あたりが気に入るのではないでしょうか。

話がそれました。

アルバムごとにテーマは違いそうではあるけど、宇宙を思い浮かべるような壮大な感じは変わらず。
現時点(2016年3月)で最新のアルバムはタイトルからしてギリシャ神話がテーマではあるけど、それでもどこか宇宙とか夜空が出てきそうな曲になっている。

Helios/Erebus

Helios/Erebus

Google play music では初期作のほうが人気となっていましたが、個人的には新しい作品のほうが好きです。
より個性がハッキリ出ているし、表現力も上がっていると感じるので。

オリジンズ(Origins) (直輸入盤帯ライナー付国内仕様)

オリジンズ(Origins) (直輸入盤帯ライナー付国内仕様)

  • アーティスト: ゴッド・イズ・アン・アストロノウト,GOD IS AN ASTRONAUT
  • 出版社/メーカー: DIFFUSE ECHO
  • 発売日: 2013/09/14
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る


ポストメタル~ロックの記事、こちらにもあります。
rof-pod-music.hatenablog.com
rof-pod-music.hatenablog.com

新たなメロコア名盤 - Four Get Me A Nots ~ ASTREA

今更なんですが、2015年リリースのFour Get Me A NotsASTREAが良かったので記してみます。


FOUR GET ME A NOTS / Sail MUSIC VIDEO


メロコアは勢いだ」という人、
初期作みたいな勢いを求める人には
物足りないのかもしれないけど、
メロディ、曲の構成等はちゃんと進歩していていいアルバムだ。

上記のPV~全曲試聴だとポップになりすぎているような印象も受けるかもしれないが、そんなことはない。

誤解を恐れず記すと、前作収録の "Marigold" みたいな曲は
メロディが素晴らしくてアコースティックなアレンジでも聴けそうな曲なので
「無駄にドラム叩きやがって」、「うるさい」と思う人がいても不思議ではない。

この "ASTREA" では無駄がないように感じるのでメロディ、リズムがすんなり耳に入ってくる。

こんなに素晴らしいアルバムだと、どんな心境の変化があったのか?と
制作秘話とかバンドの近況が知りたくなりました。
FOUR GET ME A NOTS | Skream! インタビュー 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

石坪:実は今回やっとDTMでデモを作ってみたんです(笑)。今までは、適当に弾き語ったデモを持ってきて作るってことが多かったんですけど、今回パソコンで打ち込んだりして、みんながもっとイメージしやすいようなデモを作れるようになったので。そこも面白かったかな。

高橋:自分のイメージする世界観も伝えやすいし。逆に、弾き語りのデモって、やっぱり弾き語りのテンションになっているので、本来やりたいテンションが伝わってこなかったりすることもあるんです。でも、DTMだと"ああ、こういうスピードでやりたいんだな"って、わかりやすくなりましたね。


この2つの発言に集約されているような気がします。
やっぱり、やりたいことが伝わってくるものは聴いていて楽しい。

カッコいいリフ、メロディだけなら創れるバンドは星の数ほどいる。
でも、それを違和感無く曲に仕上げられるバンドは多くはないので
そういった意味でも素晴らしいバンド、アルバムだと思います。

あえて言えば、”A whole new world” のカバーが微妙かもしれません・・・。


このアルバムでは "Void" なんかが1番の疾走曲ですけど、
今のフォゲミでアルバム1枚、疾走しまくるのも聴いてみたい気がします。

ASTREA

ASTREA

ASTREA

ASTREA

  • アーティスト: FOUR GET ME A NOTS
  • 出版社/メーカー: KingRecords
  • 発売日: 2015/07/15
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る