メタル、音楽、日々のこと。

メタル、音楽、日々のこと。

文章で音楽は伝わらないと思うのでとにかく音源を貼るブログです。自分の躁鬱のことなど、余計なことも記しております苦笑

邦楽

邦楽 2015 女性ボーカル〜ハルカトミユキ〜黒木渚

邦楽の注目株と思いきや中身は買おうか迷っているの第2弾となってしまいました (・∀・)/ さて1組目は ハルカトミユキ 日本の音楽シーンにおいて、時々現れる暗黒面を持った女性たちなのです。 (Cocco、鬼塚ちひろ、椎名林檎などが代表格ですかね) メジャーに…

邦楽 2015 和風と洋風〜LACCO TOWER〜The fin.

Youtube で聴いていて、買おうかと迷い中の(ほぼ購入は決まっている)バンドを2組挙げてみる。 1組目は Lacco Tower ボーカルの声質も含めて繊細な世界をロックのダイナミックなサウンドで構築している、という一見矛盾したような事を上手くやってのけてい…

日常を幻想的に表現する女性ボーカル - PREDAWN

ジャケットがここまでに曲の世界観を表しているものは中々ないように思う。 このジャケットからどんな世界を想像するだろう。 どこかメルヘンチックというか、幻想的なイメージを持つのではないだろうか。 流れるアコースティック・ギターの音色に効果音に近…

男女ツインボーカル+1 - 3声コーラスのメロコア - Four Get Me A Nots

スピーディなドラムに乗っかるメロディの心地よさ。 どんどん展開していく曲、その性急さこそがメロコアだとも言える。 千葉県出身の FOUR GET ME A NOTS もメロコアのバンド。 加えて男女ツイン・ボーカルでも珍しい中、このバンドは石坪泰和、高橋智恵、阿…

リズムのループに酔う - Hiroshi Watanabe

リズムに乗る、ではなく、リズムに「浸る」。 「酔う」と言ってもいいと思います。 テクノという音楽は、歌とは違ってメロディーラインよりもリズムが主役みたいな音楽だ。 Hiroshi Watanabe a.k.a. Kaito この人の曲は踊るというよりも、体を揺らしながらリ…

韻を踏む心地よさ - RHYMESTER

「韻を踏む(Rhyme)」というのは欧米や中国の詩歌によく使われる表現方法らしい。 現代日本、いや海外でも昨今ではヒップホップ・ミュージックで1番よく使われているのではないだろうか、つまり、ラップだ。 リズムに併せて韻を踏んでいくのは聴いていて実…

女性ボーカル、ノスタルジック・パンク - UNLIMITS

日本の音楽はマイナーキーの哀愁を感じる曲が多いイメージがある。 昭和の歌謡曲やおぼろ月夜といった唱歌等がそうだろう。 そんな歌謡曲にも通じそうなノスタルジックな世界と、パンクのタイトなリズム、スピード感が合わさることで、新しいものに生まれ変…

女性ボーカルのストレートなメロコア - DIZZY SUNFIST

音楽とは楽しいもの、ノリノリなもの、それを地で行くような大阪出身の女性ボーカルのメロコア・バンド DIZZY SUNFIST だ。 インタビューでも「とりあえず再生後1秒でテンションの上がる1枚」という言葉が出ているとおり、抜群に勢いのあるハッピーになれる…

邦楽メタルは妖怪メタル - 陰陽座

陰陽座は大阪出身の「妖怪メタル」を標榜したメタル・バンドである。 妖怪と名の付くとおり、かなりの和風テイストが散りばめられている。 衣装に始まり、ツイン・ギターによるハモり、 アルペジオも多用する風情あるフレーズ、 漢字を多用する歌詞、それに…

小説的なロック - Lyu:Lyu

音楽がここまで身近なものになっていなかったら、小説家になっていたのかもしれない、そう思えるバンドが2000年にメジャー・デビューした Bump Of Chicken が現れてからちらほらと生まれている気がする。 恋愛や風景なんかは今までもよく歌詞の題材になって…