メタル、音楽、日々のこと。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタル、音楽、日々のこと。(北海道の田舎)

北海道のとある田舎に移り住み、日々の暮らし、好きな音楽、気になっているバンド等から徒然なるままに記しております。どこの田舎か特定されるのか実験中です。

のどかな音楽、カントリー界のアイドル - Miranda Lambert

カントリー・民族音楽 洋楽 女性ボーカル

アメリカではカントリーも人気の音楽の一角をなします。

広大な大地を連想させるような、かつ、どこかのどかな雰囲気を持つカントリー。

 

よくある日常的なことも歌えば、恋愛ものなんかも当然あり、 賛美歌もカバーしたりする平和な音楽である。

フィドルバンジョーなどの楽器も登場する。

アメリカの民族音楽なんでしょうね。

日本で言う演歌や民謡に値する音楽なのでしょうが、アメリカではカントリーも人気の音楽の一角をなします。

古くさい音楽ではなく、若手もどんどんと出てきているのです。

今回は若手もたくさんいるカントリー界で、風格も出てきたシンガー "Miranda Lambert" がいる。

Miranda はアイドルのオーディション番組出身ではありますが、 実力も持っていて初期からカントリー界では賞も獲っています。

2005年のデビュー盤 "KEROSENE" では少し垢抜けない感じがあり、 カントリー的な歌い回しは弱いものの、その片鱗はしっかりと見せている。 (そのためクセは少なく聴きやすくなっているかも)

盤も良曲揃い、12曲でしっかりとまとめた良盤である。 3rd "revolution" あたりからは貫禄めいたものも出てきて、 どが付くほどの、どカントリーを聴かせてくれる。

Miranda Lambert - White Liar 好敵手(?)の Carrie Underwood と手を組んだ "Somethin' Bad" も ロック的なつくりでこれまたカッコイイ。

日本では年配の方がやっている印象も強い音楽ですが、若手も出てきてグラミー賞にも食い込んできているので、日本でも少しは強くなっているのではないかと思っています。 (ただの願望か?)

日本の演歌、歌謡曲とは違ってメイン・ストリームに食い込んでいる、 この違いはどこにあるんでしょうね。

その若手も含めて、どこかでカントリー界のこともまとめて書くかもしれません。

 

Revolution

Revolution

 
Kerosene

Kerosene