メタル、音楽、日々のこと。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メタル、音楽、日々のこと。(北海道の田舎)

北海道のとある田舎に移り住み、日々の暮らし、好きな音楽、気になっているバンド等から徒然なるままに記しております。どこの田舎か特定されるのか実験中です。

田舎に来て思うこと。

偉そうに語ってみた 北海道の田舎

「住めば都」とは聞くけど、真理かもね。

今住んでいる建物は少なくとも築50年は経っているんじゃないだろうか。

窓は二重窓だけど木枠ですきま風がびゅーびゅー。

内部は壁を剥がしたり、貼ったりと改造だらけ。


来たときは3階の天井が半分くらい無かったし。
(天井貼りは最初の仕事でした。)
でも、トイレと風呂は割と新しい。

「住むところはあるから」と言われてはいたけど、来てみて最初はビックリした。

ぶっちゃけた話、こんなボコボコな所に住むのか…と思ったね。
何年か前は床に穴も空いてたらしい…
。。(〃_ _)σ∥

でも住んでみたら、住めないことは全然ない。
そのぶん家賃は安いし。
(水道光熱費、米、調味料やその他の消耗品等まで含めてで25000円)

こんなんでも半年もすれば余裕で生活できるんだもんな。
いちおう札幌にも遊びに行ってるし、酒だってちょくちょく呑んでる。
(少し太ったかもしれない)
音楽だって聴けてるし、本だって読める。
文化的な暮らしはできてる訳ですよ。
今は独り身だから言えることでもあるんだろうけど、もし仮にこの田舎に永住しても何とかなりそうな気はする。

政治がどうだとか言うけど、何だかんだで日本はいい国だ。
自分みたいに体調崩して仕事辞めての繰り返しでも飢えてのたれ死なないんですから。
知り合いのお世話になりながら、休みながらですけど仕事もしてます。



こんなんでも生活できるとなると、思い始めたことがある。

綺麗で快適な(優雅な?)生活ばっかりがTVに写っていたり、消費~購買が進まないと経済の発展が滞るから色々な物を宣伝して買うように煽って物がないと(新しくないと)カッコ悪いことのように感じさせてくる。

そんな消費生活のほうがカッコ悪いことなのでは?という価値観が自分の中に生まれてきている。

消費を否定はしません。
今までの自分とは違う価値観が生まれてきているという話です。
元々、本当に気に入った物だけを買うような価値観でしたけど。


古い建物だろうと「自分で」手入れ(改造含む)をするような生き方のほうが豊かな行き方なんじゃないかと思ってきている。
天井張りだってやってみたら意外とできるし、他の部分も改造してみてもいいかな?と思ってきてる。


自分でやるってことは、クリエイティブなこと。

家の改造にしても、色々なデザインを参考にしながらやってみたいとは思う。

f:id:rof-pod-ao:20160212190902j:plain
f:id:rof-pod-ao:20160212190918j:plain
こんな壁をつくってみたい、と思う今日この頃です。

そうやって、できる範囲で
あれやってみたい、
これやってみたい、
ってやっていければいいかな、と思います。





さて、次は何について記してみますかな。