メタル、音楽、日々のこと。

メタル、音楽、日々のこと。

文章で音楽は伝わらないと思うのでとにかく音源を貼るブログです。自分の躁鬱のことなど、余計なことも記しております苦笑

【他称ダメ13】チキンハートが全ての元?と思った話

北海道の田舎で暮らす"他称"ダメ人間の日々、試行錯誤を記しております。

頭の中で起きてることなんかも記していますので「ダメ人間って、こうなんだ」と笑ってもらえれば幸いです笑





 
 




とりあえず、仕事1ヶ月継続はクリア。
とりあえず、まぁまぁ元気。

1歩1歩進んでいるといえば聞こえは良いかもしれないが、たかだか1ヶ月ですよね。

・・・

お、悪い癖が…苦笑
「たかだか」と思うのは止めにしよう。

こういうのを1つ1つ積み重ねていかないと、また振り出しに戻ってしまうかもしれない。
いや、遅かれ早かれ戻るだろう。




そんなこんなですが、まだ自分1人では動けていないような現状です。

今の仕事も自分で見つけたものではなくて、知合いが声をかけてくれたから、なんとかして面接に行ってみた。
人が足りてないと言われてたみたいだから、自分でも入れたのだと思う。

こんな自分でも声かけてくれて、有難い話です。


他に動いていることといえば、

友人に誘われた時に出かける。
近くのお店に必要なものを買いに行く。

その程度だけ。
 

これでも、だいぶハイな感じなのですが笑


ハイな時ですら、自分から動こうとはできてないのがほとんどだ。
趣味はほぼ全部がインドアのものなので、外に出る必要はないといえばないのですが…苦笑
 
逆に言えば、今はこんな自分を誘ってくれるのを断れないというバランスの悪さもある。
 
今のところ、何も問題は生じてないからいいか。
 



さて、1人で動けないのは何故か?と考えてみた。
アホかもしれないが、「怖い」というのが本音なのかもしれない。


わからないこと、でも、やらなきゃいけないこと。
わからない、ということ自体。
わからない、と人に言うこと。
 
今まで意識したことがなかったのだが、
これらが「怖い」みたいだ。
 
 
鬱になってから余計に怖いのはある気がするが、チキンですねー。


・・・


なんだこれ?

アホ丸出し??
 
 
わからないこと全部が怖い訳ではないのだが、1聞いたら10理解する必要があるように感じてしまう。
周りが何故かそういう人ばかりだったのはプレッシャーだったのか?
 
もしくは、そこまではいかなくとも、7〜8くらいは理解しないといけないんじゃないかと思ってしまう。
 
そうなると、アホな質問はしたくない訳でドツボにはまった事が何回もあったような…苦笑
 
なんとちっちぇ人間なのか…。
 
f:id:rof-pod-ao:20180608005916j:plain 
ちっちゃくて喜ぶこともあるのか。
 
 
最近は人と話す時に何も考えてない(というのを試してみている)ので、当たり前すぎることを聞いてしまって「当たり前だろ」と返されることもある。
なんだかな、とは思うが問題は起きてないからいいのか?
 
 
 
 


そして、最近こんな記事を読んだが、まったくその通りな気がしてしまう。
 
 
日本人はなぜ「挑戦」しなくなったか~失敗を恐れる脳はこう作られる
 
 
こういう記事の困るところは指摘はするのに、どう対処したらいいとか、解決策には全く触れないこと苦笑
 
鵜呑みにしなくてもいいんでしょうけど。
意外とショックを受けるという…笑

 
やっぱりチキン?
 
影響されすぎ?
考えすぎ?
 
・・・苦笑
 
影響されついでに、北方謙三水滸伝では中心人物の宋江がこんな事を言っている。
「自分は駄目だというところから私は出発している。自分が駄目だと思っていない人間とは本当は話し合える余地は何もない」
 
宋江は何かを具体的に進めていく役割ではなく中心人物。
宋江の想いの元に人が集まってくるので軍事も事務もその他のことも仲間が全て進めていく。
そんなスペシャリストが沢山いるわけです。
本人としては、何もできない的な悩みも(若干?)抱えながら話が進んでいく。
 
 
そうなると、駄目なことというのは必ずしもクリアしなければいけないことではないのかもしれない。
むしろ、「自分は」クリアしなくていいのか?
人に頼むということは、そういうことなのか??
 
他の人なら当たり前の事かもしれないが、30を過ぎて今更ながら頭では理解した。
はい、まだ頭で理解しただけです苦笑
 
でも、
もし、そういうことならだいぶハードルが下がるかもしれない。
 
少し気が楽になる?
 
やっぱりこうやって記してみると見えてくるものがあるっぽいです。
 
 
 
とりあえず、仕事がんばります!
バイトですけどね。
 
 
 
今回はこの辺にしておきます。