メタル、音楽、日々のこと。

メタル、音楽、日々のこと。(北海道の田舎)

北海道のとある田舎に移り住み、日々の暮らし、好きな音楽、気になっているバンド等から徒然なるままに記しております。どこの田舎か特定されるのか実験中です。

新たなメロコア名盤 - Four Get Me A Nots ~ ASTREA

今更なんですが、2015年リリースのFour Get Me A NotsASTREAが良かったので記してみます。


FOUR GET ME A NOTS / Sail MUSIC VIDEO


メロコアは勢いだ」という人、
初期作みたいな勢いを求める人には
物足りないのかもしれないけど、
メロディ、曲の構成等はちゃんと進歩していていいアルバムだ。

上記のPV~全曲試聴だとポップになりすぎているような印象も受けるかもしれないが、そんなことはない。

誤解を恐れず記すと、前作収録の "Marigold" みたいな曲は
メロディが素晴らしくてアコースティックなアレンジでも聴けそうな曲なので
「無駄にドラム叩きやがって」、「うるさい」と思う人がいても不思議ではない。

この "ASTREA" では無駄がないように感じるのでメロディ、リズムがすんなり耳に入ってくる。

こんなに素晴らしいアルバムだと、どんな心境の変化があったのか?と
制作秘話とかバンドの近況が知りたくなりました。
FOUR GET ME A NOTS | Skream! インタビュー 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

石坪:実は今回やっとDTMでデモを作ってみたんです(笑)。今までは、適当に弾き語ったデモを持ってきて作るってことが多かったんですけど、今回パソコンで打ち込んだりして、みんながもっとイメージしやすいようなデモを作れるようになったので。そこも面白かったかな。

高橋:自分のイメージする世界観も伝えやすいし。逆に、弾き語りのデモって、やっぱり弾き語りのテンションになっているので、本来やりたいテンションが伝わってこなかったりすることもあるんです。でも、DTMだと"ああ、こういうスピードでやりたいんだな"って、わかりやすくなりましたね。


この2つの発言に集約されているような気がします。
やっぱり、やりたいことが伝わってくるものは聴いていて楽しい。

カッコいいリフ、メロディだけなら創れるバンドは星の数ほどいる。
でも、それを違和感無く曲に仕上げられるバンドは多くはないので
そういった意味でも素晴らしいバンド、アルバムだと思います。

あえて言えば、”A whole new world” のカバーが微妙かもしれません・・・。


このアルバムでは "Void" なんかが1番の疾走曲ですけど、
今のフォゲミでアルバム1枚、疾走しまくるのも聴いてみたい気がします。

ASTREA

ASTREA

ASTREA

ASTREA

  • アーティスト: FOUR GET ME A NOTS
  • 出版社/メーカー: KingRecords
  • 発売日: 2015/07/15
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る